テーマ:基礎工事

夏をあきらめて

あいも変わらず残業続き、 もうすぐ8月も終わると言うのに、 まだ「夏休み」も取り切れていません。 疲れがなかなか取れなくて、夏バテ気味です。 毎年この時期になると、決まって物悲しくなります。 頭の中で、研ナオコの「夏をあきらめて」が、 リフレインしてます。 本家のサザンより、研ナオコさんの歌のほうが、 情感がこもって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

基地引込み線、再び~構想?妄想?

ほぼ一ヶ月のご無沙汰になりますが、 皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 私とは言えば、公私ともに暑い夏を送っております。 いわば「放射線の暑い夏」? なかなか趣味のほうは進まず、ストレス溜まり気味。 きちんとひとつのものに集中して仕上げることも出来ず、 あちらにフラフラ、こちらにチョロチョロ。 とりあえず…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

特撮お立ち台「渓谷の攻防戦」其の伍

台風が来てますねぇ。 怪獣映画で嵐、放射線ときたら、次は… あまり縁起でもないので止めて置きましょう。 で、集落の高台に鎮守様を設置します。 この建物は、以前山手線レイアウトを作ったときに 使っていたお社です。レイアウト自体はもうありません。 ゴールド東照宮の屋根を使って、本体は自作。 今の水準から見ればアラだらけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

特撮お立ち台「渓谷の攻防戦」其の四

今回のダイオラマ製作の資料のために、 ちょこちょこ東宝特撮映画のDVDを観ているんですが、 ちょくちょく放射線測定のシーンが出てきます。 ゴジラやモスラの設定もそうですが、 当時は原水爆実験が盛んに行われていて、 大きな社会問題になっていました。 日常的にも水爆マグロとか、第五福龍丸事件とか、 放射性降下物とか、放射能汚染…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

特撮お立ち台「渓谷の攻防戦」其の参

連日暑いですねぇ。 早くも少し夏バテ気味です。 特撮お立ち台、渓谷が舞台だった筈なんですが、 やっぱり建物越しに見える怪獣のイメージが捨てきれず、 急遽左手の山は山里にすることにしました。 怪獣映画といえば、村の鎮守様、 さらに火の見櫓も欠かせませんね。 階段状にして、それぞれに見せ場を作ります。 道路に面し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

特撮お立ち台「渓谷の攻防戦」其の弐

これも途中で投げ出すか、と、 危ぶまれておりますレイアウト習作用ダイオラマ、 今のところはなんとか続いております。 脳内麻薬を出しまくってくれる、 東宝特撮コレクションのおかげでしょうか。 河原の作り込みを続けます。 バラストを撒いただけだと、石粒の大きさが均一すぎて、 渓谷っぽく見えません。 庭から砂利を拾…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

特撮お立ち台「渓谷の攻防戦」其の壱

あいも変わらずゴタゴタしてます。 オフの時間も、落ち着いて何かに取り組む、 という感じではありません。 …こうして、仕掛品ばかりが増えていく…。 趣味のものを買出しに行く時間もないと、 いきおいネットでポチッとな、が増えます。 特にストレスが溜まっているときなんぞ、 耳元で盛大に「物欲の女神」の声が…。 「買うが良い…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

二期工事構想

そろそろ二期工事に着手したいところですが、 まだ用地取得交渉が進んでおりません。 さすがにレイアウトを2基 ぶら下げることのできる壁面はありませんから、 まずは完成した一期分の収容方法を考えねば…。 というより、二期工事でどこを、そして何を作るか、 まずそれを考えなければなりませんねぇ。 そうしませんと、また行き当たり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

沿線緑化作業

ここのところ風の強い日が続きます。 今日はお墓参りに行ったのですが、風に煽られて お線香に火が点かなくて、困りました。 夜に風が強いと、なにぶん安普請な我が家のこと、 物音でなかなか寝付けません。 さて、土地改良が終わった極楽寺地区、 崖の下や線路脇など、緑化作業をしていきます。 まず、崖の下。 土の色が生々…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

極楽寺地区最終基礎工事

ゴールデン・ウィークに入りましたね。 とはいえ、共働きの子持ち世帯にとっては、 どこに出かけるわけでもなく、 日々溜まった雑事を片付けるだけで精一杯。 まぁ、レイアウトに費やせる時間が 大幅に増えるという意味では、福音ですが。 ということで、壁からレイアウトを下ろして、 ラスト・スパートに向けての基礎工事です。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桜橋たもとの二階家~設置

完成した二階家、無事定位置に納まりました。 実物とは、史蹟との位置関係こそ逆ですが、 まぁ、許容範囲かな、と。 まずは整地です。 ジオコレの角店をはがしてそのままですから、 まずは平らにして、二階家を置けるようにします。 厚めのボール紙で土台を作って、 照明は横着してジオコレの電飾キットを使います。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

桜橋と極楽寺駅

ここのところ、なかなか疲れが取れず、 気力も減退気味です。 暖かくなれば、少しはやる気が出るかなぁ。 そんなせいもあって、週末とはいっても あまり作業は進みませんでした。 以前製作したものの、まだレイアウトに設置していなかった、 桜橋と極楽寺駅を取り付けることにします。 レイアウトでいうと、左奥の部分。 ここ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

極楽寺検車区~其の六

こものを増やして、リアリティをアップした上で、 以前改造した検車庫を設置します。 プラストラクトのH型プラ材。 錆色で塗って、予備線路にします。 GM車両キットに付属している床下機器の余剰品。 これも活用しましょう。 昨日色々配置した側線の行き止まりに、 まとめて置いておきます。 車両や、作業員を配置…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

極楽寺検車区~其の伍

待ちに待った連休突入です。 作り貯めたものをレイアウトに設置していきます。 変電所、危険物庫のほかに、GMの物置と 詰め所キットを使って、小規模な詰め所を作りました。 これも併せて設置します。 変電所と保線区詰め所を並べて設置。 危険物庫は、門の脇に。 GMや、KATOのキットに付属していたアクセサ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

極楽寺検車区~其の参

週末になりました。 レイアウト製作を再開します。 しつこく緑化作業を続けます。 今度は緑主体のカラーパウダーを播きます。 線路際には生垣を。 だいぶ夏らしい景色になりました。 1ミリ角のバスウッド材をこげ茶で塗って、短く切って、 検車区と本線の境の柵とします。 線数すら少ないものの、昔の写…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

極楽寺検車区~其の弐

引き続き検車区の造成工事を進めます。 なんとなく、イメージするものに似てきたような…自己満足? 昨日まで殺風景な空き地だったところに、 土を入れます。 カラージェッソのローアンバーを塗ったところに、 トミックスのカラーパウダーを撒いて、固着させます。 乾燥待ち。 畑みたいですね。 次に下草を播きます。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

極楽寺検車区~其の壱

やっと落ち着きましたので、作業を再開します。 ま、結論から言えば、ぶろぐ村の鉄道模型カテゴリーからは 追い出されてしまったわけですから、これを機に、さらに精力的に 鉄道模型以外の製作にも取り組もうと思っています。 といいつつも、やっぱり気になるのは放置していた小ノ電レイアウト。 ほぼ2ヶ月ぶり?に、手を付けることにします。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

延長工事、宅地造成

連休最終日となりました。 レイアウト本体工事も、今日で一きりつけなければいけません。 先日の台枠居強化に伴い、奥行きが2センチ延長されました。 地盤を形成し、ストラクチャーを設置できるようにします。 まずは連休中の作業の結果、本日時点での小ノ電全景です。 台枠強化の角材、前後に各1センチずつで、 計2センチ、奥行…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水芸三昧

ポリマーメディウムが乾燥しました。 実際の水面のように、キラキラと陽光を反射しています。 昨日取り付けた土管は、こうなりました。 もうちょっと濁らせたほうが、リアルだったかも。 上流にアヒル。 鉄道橋の下では、子供が水遊び。 昭和の水辺の風景ですねぇ。 川がうまくいったことをいいことに、あちこち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

稲瀬川~第2回放水

天気が良く、気温が高いおかげで ポリマーメディウムの乾燥が速くて助かります。 昨日に引き続き、樹脂を流して川の水かさを増します。 一晩置いて、樹脂が透明になりました。 ただ、予想通り「ひけ」が生じて、水面が下がっています。 「せせらぎ」というレベルなら、これで十分なのかもしれませんが、 もう少し水深が欲しいと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

稲瀬川~第一回放水

連休に入りましたので、二・三日くらいなら、 レイアウトを出しっ放しでも怒られないのをいいことに、 川に水を流します。 前回までで、川底と岸の塗装は終えています。 ある程度水を堰止めたように見せるため、 速乾木工ボンドで堰を作っておきます。 水の表現に使うのは、極楽寺セクションのどぶに使った、 グロスポリマー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

稲瀬川

大仏前から、長谷観音前交差点を経て、長谷駅のすぐ横を流れ、 由比ガ浜に注ぐ小さな川があります。 稲瀬川といいます。 台枠の嵩上げで、地面を掘り下げることが できるようになりましたので、早速、川を作ることにします。 まずは最短級の鉄道橋を作ります。 トミックスの線路の道床部に切込みを入れて、 中央部分を取り外…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

台枠強化

当レイアウトの土台については、 以前コンパネボード+檜角材+スタイロボードとご説明しましたが、 土台に厚みがあると照明配線がやりにくいので、 結局スタイロボードは使わないままになっています。 さすがにコンパネボードに1×1の角材で強化しただけのものでは、 ストラクチャーの重みに耐えられなくなってきました。 さらに土台下1cm…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高徳院セクション~大仏前駐車場整地

道路が舗装できたら、大仏前の駐車場を整地します。 観光地ですから、駐車場が無いことには話になりません。 とくに修学旅行を誘致するためにも、 観光バスが止めることができる規模のものが必要です。 病院横の空き地を、大型バス用の駐車場とします。 とはいえ、2台停めるのがやっと、という広さですが。 山門の前は路線バスと定…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高徳院セクション~年度末名物、道路工事

病院のベースが出来たので、レイアウトに設置します。 しかしその前に、まずは高徳院セクションの整備を行わなくてはなりません。 毎度お馴染み、年度末公共工事に着手いたします。 そうそう、病院のこものの設置報告を忘れておりました。 病院建設のイントロとなった救急車、 病院への配置にあたり要員の確保です。 昔の救急隊員っ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

高徳院セクション~山肌整地

しばらく地味な作業が続きます。 大仏様の裏山と、一部境内の整備工事になります。 発泡スチロールを整形した後にキッチンペーパーを木工ボンドで貼ります。 プラスターや、プラスタークロスも使ってみましたが、 結局一番手軽なのはこのキッチンペーパー工法。 一面に貼り終わったら、木工ボンドを2倍くらいに希釈して、 太筆で山…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

高徳院セクション~基礎固め

いきなりですが、酔っ払ってます。 世間並みに小洒落て、 ボージョレヌーボーでもと酒屋に寄ったのはいいのですが、 結局買ったのは「澤乃井 しぼりたて 一番汲み」。 同じ新酒でもボージョレはアルコール度数が せいぜい十数パーセントなのに対し、 へたすると日本酒の原酒は20度を越えます。 日本人自身にあまり知られていませんが、 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

都市計画

飛び石連休明けからなにかと慌しくなり、暫く作業できずにおりました。 今日も下手すれば呼び出しか?と、怯えていましたが、 なんとか凌ぎきったようです。 うちらの仕事が忙しいということは、 世間的にはあまり良い事ではないことが多いので、はい。 で、はからずしも長考の機会が与えられたようなものと思い、 レイアウトの今後の建設計…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

耐震補強工事

このたびは甚六郎さまをはじめ当電鉄ご利用の皆様に、 多大なるご不安を与えましたことを深くお詫びいたします。 このたびの不祥事を機会に、当電鉄従業員一同、 安全の確保に向けて、より一層邁進してまいりますので、 今後とも宜しくご愛顧のほど、お願い申し上げます。 甚六郎さんの心臓に負担を掛けてしまった 不安定なレイアウトの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

路線再々変更~更に幻の延伸計画

はぁ~。また、やっちゃいましたぁ…路線変更。 とうとう曲線部がボードからはみ出してしまいました。 ちなみに、以前の状態はこちらです。 今回のレイアウト単独で運転が出来、さらに将来の延伸に備えて、 エンドレス+ポイント経由引き出し線をプランしましたが、 やはり江ノ電にポイントたくさんは似合わない・・・というのが、理由…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more