テーマ:文献資料

小ノ電自動車部~バス事業再建

小ノ電不動産部の計画立案が遅れていますので、 本日は自動車部からのご報告です。 先日2台のバスを仕上げましたが、考証が不十分なこともあって、 中途半端で、もやもやしています。 で、こんな本を買いました。 ~「日本のバス年代記」 鈴木 文彦著 グランプリ出版 まず、結論。 ますます、訳が解らなくなりました。さすがバス…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

保存版ふるさと鎌倉~郷土出版社

少し古い話になりますが、皆さんは定額給付金を何にお使いになりましたか? 我家では家族会議で、半分は全員から徴収して家計で必要なものに、 残りの半分は各自、自分の欲しいものを買うのに使うと決めました。 で、私は何を買ったのかというと、自腹分を足して、 普段だったら、高くてとても手の出ない本を買うことにしました。 それが、今回ご紹…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

現地調査及び検証並びに考証

久方ぶりに仕事の隙間を見つけ、無理矢理午後半休を取ることができました。 そこでこっそりと鎌倉へ…。 時間を有効に使うべく、慌てて東京駅地下ホームに駆け込みましたが、 お昼過ぎの横須賀線下りは案外空いていて、拍子抜けでまったり~。 一眠りして起きたら、戸塚でした。 程なくして鎌倉駅に電車は滑り込み、まず向かったのは鎌倉中…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

鎌倉の景観重要建築物~鎌倉市都市景観課

ここのところ仕事のために余裕が無く、 趣味=ストレス発散の方に思う様に時間が割けなくて、 ストレス溜まり気味です。 せめて少しでも空いた時間には資料を見て、 イメージトレーニングに励みたいと思います。 とはいえ、今回は江ノ電には全く関係のない資料のご紹介です。 鎌倉の景観重要建築物 鎌倉市都市景観課発行 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和30年代の神奈川写真帖~アーカイブス出版編集部編

平日も少しずつでも作業をしようとは思うのですが、 なかなか思うようには行きません。 ご報告できるほど作業も進展していないので、 例によって資料のご紹介です。 昭和30年代の神奈川写真帖 アーカイブス出版編集部・編/西潟 正人・文 アーカイブス出版 今回の資料は直接江ノ電に関わるものではないのですが、 30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江ノ電百年物語~湘南倶楽部編

かみさんの肩の具合が良くなってきたなぁと思ったら、 今度は私が背中を痛めました。 肩凝りがひどいのが原因だそうで… 春だって言うのに、やですねぇ~年寄りっぽくて。 で、またしても作業の進みが悪いときの資料紹介です。 「江ノ電百年物語」 湘南倶楽部編、JTBマイロネBOOKS 以前紹介した「江ノ電-懐かしの電車名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今よみがえるトロリーポール時代の江ノ電~BRCプロ

今回の本(冊子?でもISBNコードはあります)は知る人ぞ知る、というより、 普通の書店(神田の書泉グランデには置いてある)ではまず扱っていないので、 出版元から直接郵送で買うのが一番確実な入手方法と言う、 少し変わったプチ写真集です。 今よみがえるトロリーポール時代の江ノ電 中村雅博/道村博ライブラリー、BRCプロ発行…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

江ノ電-懐かしの電車名鑑~湘南倶楽部編

週はじめの通例で、作業の方は進んでおりません。 ということで、資料紹介第3弾。 前回2回がどちらかというと手に入れにくいものでしたので、 今回はおそらく江ノ電の資料としては最もポピュラーなものを ご紹介したいと思います。 「江ノ電-懐かしの電車名鑑」 湘南倶楽部編、JTBキャンブックス 少し大きな本屋で、交通関…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

江ノ電讃歌~吉川文夫編著

導地蔵の工事進展がほとんどないので、資料紹介第2弾です。 今回も吉川文夫氏の著作物になります。 「江ノ電讃歌」 吉川文夫編著、大正出版 実はこの本もかなり前から絶版状態です。 しかも、幸い私はしばらく前に古本屋で定価+αの価格で手に入れましたが、 現在では結構なプレミアムがつく状態で・・・ ちなみに発行当時の定価は2,…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

江ノ電写真集~吉川文夫編

現代の江ノ電沿線を模型化するのならば、現地調査という手があります。 しかしながら、過去、それも特定の時代の江ノ電沿線が対象である場合、 タイムマシーンでも使わない限り、それは無理な話です。 そこで勢い、文献資料に頼らざるを得ない、ということになります。 これから機会のあるごとに(工作に行き詰ってネタがない時、ともいいます) …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more