消防団第23分団屯所

連休前の慌しさに追われて、2週間のご無沙汰です。
それでも、ここまでは進めました。
画像

2週間分の工作をまとめて書いてますので、
少し長くなりますが、お付き合いのほどを。

今回のモデルは、
現在は極楽寺公会堂を名乗って現存していますが、
昔は消防団の詰所兼機材庫だったようです。
画像

部分的ですが、ハーフティンバー風洋館になっているところが
お洒落です。
ハーフティンバーということで、前に買った
画像

を、ベースに使おうと思ったのですが、
デザインがぜんぜん違う…。
結局使えるのは、窓枠くらい?
画像

ということで、いつもと同じの工程に。
画像

でも、窓枠は無塗装で使えるから、下地をあらかじめ塗り塗り。
画像

んで、下見板をはり~いの、
画像

窓枠を貼り~いの。
画像

壁は比較的スムーズに組みあがりました。
画像

一方、屋根はちょっと複雑。
画像

メインの部分は単純なんで、サクサクと。
画像

ここからが面倒くさい。サンプル作って、試行錯誤。
画像

とりあえず、なんとか形になりました。
画像

正面から見ると、こんな形。
画像

特徴である、妻板のハーフティンバーもどき。
画像

向かって左側、現在は看板建築っぽい形になっているところを
あえてハーフティンバー風で再現?でっち上げ?
画像

右側、今は塀でふさがれている部分も、
よく観察すると大きな戸があるようです。
もともとは機材庫だったんではなかろうか、と。
画像

左手は、今も昔も理髪やさん。
画像

それにしても、なぜこの二つが合体したのか…謎だ…。
画像

消防団なので、火の見櫓。
画像

櫓というより、単なる梯子。
画像

屋根をハイカラに塗って、
画像

さっき作った火の見を並べます。
画像

しめしめ、なかなかいい感じになってきたぞ…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

甚六郎
2011年04月30日 18:19
小ノ電社主さん、こんばんは。

消防団屯所、山小屋ロッジ風でお洒落な建物ですねぇ~
左手、現在の姿の理髪やさんの佇まいにも、ちと惹かれますが、建築当初の姿も素敵ですね♪
小ノ電社主
2011年05月02日 00:17
甚六郎さん、こんばんは。

どういう経過でこんなお洒落な建物になったのか、由来を調べてみたいところですが、さすがに土地の古老にでも話を伺わないことには…。今度鎌倉図書館で、郷土史でも読み漁ってみようかなぁ。
小ノ電社主
2011年05月02日 00:18
toseibomさま、ブログ玉をありがとうございます。

この記事へのトラックバック