テーマ:車両

関東鉄道キハ751から、小田急5001を復元する~其の弐

やっと週末です。 引き続きこの一週間も帰りが遅く、 帰ったらなにもせず寝るというパターンでした。 今日は湿度が高く、生憎の天気でしたが、 週末を逃すとまたいつ工作できるかわかりませんので、 塗装を強行します。 マスキングしてから、ツートンのもう一色、 近鉄ダークブルーを噴きつけます。 ラインが乱れてますねぇ~…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

関東鉄道キハ751から、小田急5001を復元する~其の壱

仕事のほうでは、今更ながら 放射線量測定の問題で右往左往しています。 こういうときには、生半可な知識を持っていると かえって身を滅ぼすと、痛感します。 だ~か~ら、私は高校のときでさえ 物理は取ってないんだってば…。 お願いだから、なんでも押し付けないでっ!! というわけで、毎晩帰宅が遅く、模型を作る暇もござんせん。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

進駐軍輸送団8500型~其の参

台風の前哨戦で一日雨。 おこもりで工作を続けます。 完成とまではいかないまでも、ほぼ形になりました。 動力をトレードしたGE4tの台車はこんな形。 DD12の板台車っぽく加工するのですが、 ご他聞に漏れず台車は瞬間接着剤の効かない素材。 なんとかごまかしながら、それっぽく。 下回りが形になったところで、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

進駐軍輸送団8500型~其の弐

DD12の動力、キットメーカーの指定では、 KATOチビロコのモーターと、GM製旧国台車から 改造するように指定されています。 はっきり言って、私には無理っぽい…。 で、ポチッとな。 アメリカからわずか3日で届きました。 さすがDHL。 BACHMANNのGE44t switcher。 DD12とよく似てます…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

進駐軍輸送団8500型

一区切りついたせいで、一寸呆けた状態です。 リハビリも兼ねて、久しぶりにコテを握ることにします。 上手、下手は置いておいて、 金属製車両キットを組み立てるのは 私にとって、かなり好きな作業の部類になります。 今回手掛けるのは、こちら。 スタジオ・フィール製のDD12。 同社はガレージキットメーカーとしては老舗。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江ノ電116号車~車両紹介其の四

116号車、完成しました。 実車は、玉川電気鉄道で大正14年に製造された 木造ダブルルーフ、ボギー車の31~35号車を、 東京横浜電鉄玉川線が鋼体化する際に車体を譲り受け、 京浜電鉄から譲り受けた台車をはかせたもの。 昭和14年入線、昭和29年高床改造。昭和35年廃車。 同形式に117号車があり、116号車と同時に入…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江ノ電116号車をつくる~其の参

暫く更新が滞りました。 週初めまでは順調に進んでいた作業の方も、 週後半は休工状態でしたが、やっと本日再開です。 で、調子よく作業を進めたのはいいのですが、 いつものとおり途中の画像記録を忘れて、いきなり現状です。 作業内容は、列挙すると ①ベンチレータとヘッドライトを塗装して車体に取り付け ②前面および屋根に昇降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江ノ電116号車をつくる~其の弐

二晩かけて塗装が終わりました。 105号車同様、小ノ電標準塗装です。 細かいところで色々アラがありますが、 レイアウト上で走らせるには、まぁなんとか許せる範囲かな、と。 とにかく当時の車種を揃えることが、優先ですので。 十分塗装が乾いたら、今度はヘッドライトやベンチレータなど、 部品の取り付けにかかり…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

江ノ電116号車をつくる~其の壱

105号車が増備できたことに気をよくして、 更に異色の単コロ116号車を作ります。 木造ダブルルーフと言う古式ゆかしき車輌ながら、 車体が大きく、輸送力に優れていたため 昭和35年まで活躍しました。 いまのところキットはおろか、転用できる種車さえ見当たりません。 自作しようにも、江ノ電時代の鮮明な側面写真すら見つけら…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

江ノ電105号車~車両紹介其の参

当小ノ電所属の車輌紹介、第3弾は単行ボギー車です。 モデモから100形車輌は107号、108号が発売されていますが、 今回ご紹介する105号はその107号から改造したものです。 明治35年の開業以来、二軸単車で営業してきた江ノ電ですが、 次第に輸送力の不足を感じるようになります。 そして昭和4年、12M級のボギー車を導…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車輌点燈化計画~転進編

4ヶ月近く放置していた車輌の点燈工作ですが、 この度落成する105号車には適用したいと思います。 今回ははっきり自作は諦めました。 既製品の改造・流用で何とかしたいと思います。 いや、敗北ではありません!転進です。戦略的撤退です。 (どう言い訳しても、所詮負けフラグという噂…) あらかじめ点燈準備工事としてヘッドライ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

105号車製造~其の四

レタリングも終わりましたので、ウェザリングをして見ます。 ストラクチャーに合わせるためにも、すこし汚して、 生活感あふれるものにしようかと。 ただ、すこしで済むかどうかが… デカールが貼れましたので、まずは表面保護のために 艶消しのトップコートを車体に吹いておきます。 せっかくきれいな屋根ですが、これからわざとバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

105号車製造~其の参

105号車、仕上げに向けての作業は続きます。 とりあえず出来上がったデカールを貼ったところです。 さて、それでは順番に。車番・社号のデカール作りです。 まずデータをエクセルで作成します。使用するフォントは「国鉄っぽいフォント」。 こちらでダウンロードできます。ほかにも色々使えるフォントがあってお勧めです。 http:/…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

105号車製造~其の弐

とりあえず休日出勤は、土曜の午前中だけですみました。 おまけに今日はまさしく塗装日和、意気揚々と105号車の塗装を行います。 前回で下地の整った車体に、江ノ電ツートンを塗ります。 江ノ電カラーについてはわが小ノ電、いまだに試行錯誤中で、 お恥ずかしい話しながら、いわゆる小ノ電スタンダードが決まっていません。 本当は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

105号車製作その壱

ここのところレイアウトにかかりきりで、車両工作をしていませんでした。 気分を切り替えるためにも、久しぶりに車両をいじってみたいと思います。 今回の御題は「江ノ電105号車」です。 かわいい車両の多い江ノ電の中でも、ひときわちんまりとした車両です。 厳密に言うと色々違うのでしょうが、 ここはお手軽工作と言うことで、 モデモ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

車両点灯化計画~死闘編

お久しぶりでございます・・・実は、煮詰まっております。 意気込んで車両の点灯化工事に挑戦はしたものの、 A Bridge Too Far 連合軍にとってのマーケット・ガーデン作戦 あるいはドイツ軍にとってのバルジ大作戦になりつつあります。 いろいろ部品を買い込んでテストしているのですが、 なかなか思うように行きません…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

車両紹介其の弐~501号編成

とっととレイアウトの方を進めたら、と言う声も聞こえそうですが、 今週末は車両いじりでほぼ終わってしまいました。 というわけで、新たに配備された501号編成です。 前回ご紹介した301号編成と同じ昭和31年、 301号編成に遅れること3ヵ月後の就役です。 台車は廃車になった旧201号車と、301号編成改造の際余った 1…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

車両紹介其の壱~301号編成

レイアウトのほうの製作進行が滞っていますので、 間を持たせる、と言うわけではありませんが、 小ノ電所有車両のご紹介、第1弾を。 今回は301号編成です。 昭和28年に都電から購入した113号と114号を用いて 江ノ電が昭和31年に初めて改造した連接車です。 戦後の復興に伴う輸送量の増加をまかなうためには、 おのずと…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more