テーマ:鉄道施設

小ノ島釜倉観光電鉄長谷~極楽寺間暫定開業

ドタバタと、なんとかギリギリで レイアウトコンペの締切りに間に合いました。 まさに消印有効に救われた形です。 しかしながら、好天時に屋外で撮影することは とうとう叶わず、撮影に関しては遺恨を残すものとなりました。 しかし、学生時代から 試験直前にならんと勉強せんかったくせが 未だに抜けとらんのには困ったもんです。 切…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

電鉄の魅力、架線柱の魅力

レイアウトコンペ追込みは、締切直前まで続いております。 最後の最後まで足掻いております。 今更ですが、電鉄の証、架線柱を取り付けます。 竹ひごです。 エナメルの艶消し黒を薄めたもので染めていきます。 横木は様々なパターンがあるので、 実写真を見ながらの現物作業になります。 で、とりつけると。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

銅工店完成、駅周辺整備

しばらくブログの更新はサボりましたが、 製作は進めています。 まず、銅工店。 とりあえず、仕上がりまして、 ウェザリングしたら、設置です。 土間の部分が伽藍堂なんですが、 資料がないので、後回し。 ここのところで作った3軒あわせて、 レイアウトに固定。 ちょっと明るすぎるのですが、 やっぱり明かり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桜橋と極楽寺駅

ここのところ、なかなか疲れが取れず、 気力も減退気味です。 暖かくなれば、少しはやる気が出るかなぁ。 そんなせいもあって、週末とはいっても あまり作業は進みませんでした。 以前製作したものの、まだレイアウトに設置していなかった、 桜橋と極楽寺駅を取り付けることにします。 レイアウトでいうと、左奥の部分。 ここ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

極楽寺検車区~其の六

こものを増やして、リアリティをアップした上で、 以前改造した検車庫を設置します。 プラストラクトのH型プラ材。 錆色で塗って、予備線路にします。 GM車両キットに付属している床下機器の余剰品。 これも活用しましょう。 昨日色々配置した側線の行き止まりに、 まとめて置いておきます。 車両や、作業員を配置…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

極楽寺検車区~其の伍

待ちに待った連休突入です。 作り貯めたものをレイアウトに設置していきます。 変電所、危険物庫のほかに、GMの物置と 詰め所キットを使って、小規模な詰め所を作りました。 これも併せて設置します。 変電所と保線区詰め所を並べて設置。 危険物庫は、門の脇に。 GMや、KATOのキットに付属していたアクセサ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

柱上変圧器と電力柱

変電所ができたからには、 電気を引き込まなければなりません。 基本的には、碍子が賑やかな KATOのローカルストラクチャーシリーズの 変圧柱を改造して使います。 配線は普通の木綿糸。 オーバースケールなんですが、扱いやすさ重視で。 配線の仕方は適当です。 プロが見たら、絶対おかしいんだろうけれど、 知識がな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

極楽寺変電所~竣工

極楽寺変電所に関する薀蓄を少しばかり。 江ノ電は創業時期には自ら発電所を持っており、事業用に使って、 余った電力は、沿線の一般電灯電力用として販売していました。 この発電所は、石上駅の近くにあったとされます。 その後、江ノ電自体が一時期電力会社に買収されて、 発電所は閉鎖され、もともとあった極楽寺変電所、 昭和初期、江ノ島駅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

極楽寺変電所

極楽寺検車区近くには、変電所がありました。 これも模型化したいと思います。 ただし、こちらも資料となる写真は小さな1枚だけ。 細かいところは、推察するしかありません。 まずいつもの通り、外壁を工作用紙で切り出します。 窓枠は、GMの詰め所やローカル駅舎のキットから流用。 隙間の開くところは、黒い瞬着で目張りし…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

極楽寺検車区~其の四

地盤整備がほぼ終わりましたので、 建物関係を改造していきます。 もともとはフォルマーだか、キブリだかの 工場のキットについていたボイラー室(?)か、何かの建物。 レンガ積みの頑丈なものですから、 危険物庫に改造してみます。 いかにも西洋風の屋根は撤去。 一度エナメルのパフを塗って、 ライターオイルを浸した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

踏切三態

久しぶりの「鉄道模型」工作、あるいは「レイアウト」工作です。 なにせいつもは建築模型サイトですから… まずは瀬戸物屋さんを設置します。 台座と地面の間に隙間が出来ますから、 側溝の蓋で隠すことにします。 色を塗った工作用紙で短冊を作って、 貼り付けます。 あとはウェザリングして、 設置完了。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長谷駅鎌倉方面ホーム落成

今日は文化の日、なにか文化的なことでも…するわけがありません(汗)。 まぁ、小ノ電沿線には文化財が多いので、文化的といえば文化的? 不毛な言い訳はこれくらいにして、本日の作業報告。 駅本屋からホームへの通路に庇を付け、その奥にトイレを設置しました。 看板の隣、車止めの横にトイレを設置します。 トイレ前にはやっぱり裸…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

長谷駅~通路の庇とお手洗い

駅本屋が据え付けられましたので、位置を調節しながら、 順番にホームを設置していきます。 その前に2番線ホームへの渡りに掛ける庇と、お手洗いを作ります。 まずは、渡りの庇。角材で枠を組んで、 色を塗っておきます。 次にお手洗い。連続写真でどうぞ。 こういう風に組み合わせます。 設置した後か…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

駅前整備

「こもの」も揃ったので、駅本屋を設置して、駅前を整備します。 当レイアウト一番の賑わいをどう表現していきましょうか。 設置前に横断幕つき電柱をバージョンアップします。 看板が増えました。 前回に懲りて、駅本屋の設置に関しては、 電車との「当たり」に気を付けます。 急カーブと、連接車特有の「首振り」で接触限…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長谷駅~基礎工事完了

この週末でなんとか、駅周辺の基礎工事が終わりました。 勢いで、駅前通りの舗装まで済ませます。 とりあえず昨日撒いたバラストが乾燥したところです。 なんとなくまだ濡れた感じ、雨上がりみたいですよね。 最後の仕上げでは、もう少し埃っぽく、鉄錆まみれっぽくしたいなぁ。 排水溝の杭が白っぽく目立ってしまうので、染め…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

長谷駅~造成工事再開

やっと週末です。今週も疲れたなぁ~。 疲れが溜まり気味で、ちょっと元気がありません。 リフレッシュのためにも、気合を入れて作業再開です。 とはいえ、今回は造成工事ですから、絵的には地味です。 前回では本線の線路周りを仕上げましたので、 今回は折り返し用の側線をやっつけます。 昔の江ノ電の写真を見ると、枕木が埋…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

長谷駅~構内広告看板

上り鎌倉方面ホームの向かいには、目隠しをかねて広告看板を立てます。 作業としては簡単なはずだったのですが、資料を漁ったり、 作図に手間取ったりしてかなり手間の掛かる仕事となってしまいました。 そのかわり、色んな意味でリアリティが出たと思うのは、自己満足?! ホームの看板と同様、エクセルで作図します。 フリーのレトロ調フ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長谷駅~雨樋取付・広告追加

平日はレイアウト本体工事ができませんので、 長谷駅のチマチマ工事を進めたいと思います。 工事日報の前に、日曜日庭で見つけた青大将の抜け殻を。 普通は途中で破れたり、切れていたりするものなのですが、 今回のは完全形で、物差しで計ったら、60センチありました。 眼まできれいに抜けています。 蛇は金運が上がるそうで…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

長谷駅~設置工事「排水溝」

ホームと駅舎がほぼ出来上がりましたので、 まとまった作業時間の取れる週末に設置工事をすることにします。 ところが、今週は家族行事があったために、 上下線の線路間の工事だけで精一杯でした。 長谷駅はレイアウトの一番手前に、こういう配置で設置します。 上下線の線路の間に、排水溝を設置し、バラストを撒きます。 嵩上げの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長谷駅藤沢行ホーム~其の伍

甚六郎さんの予想より一日遅れになりましたが、 藤沢行ホームも落成いたしました。 ホームの端にポツンと灯る裸電球を再現したかったので、 竹ヒゴにLEDを接着します。 いささかオーバースケールですが、まぁ雰囲気ということで。 同じLEDをホーム上屋にも取り付けます。 見えない所と思って、思い切りいい加減な付け方……
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

長谷駅藤沢行ホーム~其の四

平日は本当に少しずつしか作業が進みませんが、 それでも少しずつでも作業が出来るのは、嬉しいことです。 屋根を塗りました。 さすがに実物と同じ素材で作っているだけあって、質感は上々かと。 藤沢方面ホームは片面ですから、 線路と反対側は板壁を張りました。 次は照明工事と、ホームの小物の製作です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長谷駅藤沢行ホーム~其の参

上屋の骨組みが出来ましたので、波板で屋根を葺きます。 やっとホームらしくなってきましたね。 今回も屋根はエコーモデルの波板で葺きます。 まず下塗りをして・・・ 骨組みの方も塗装しておきます。 で、瞬間接着剤で骨組みに波板を接着~。 なにせ真鍮板、いきなり名実ともに重量感が、ずっしりと… 妻面も処理し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長谷駅藤沢行ホーム~其の弐

鎌倉行ホームは、GMのローカル駅舎の庇の支柱を使いましたが、 藤沢行ホームは形が複雑なので、使える部品がありません。 仕方がないので、支柱も自作することにします。 まず昨日仕上げたホームに色を塗ります。 階段の石段もまぁまぁの出来。 上屋の支柱は同じ寸法で何本も切り出すので、結構めんどくさい… 簡単な型紙…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長谷駅藤沢行ホーム~其の壱

今日は久しぶりに一日良い天気でした。 陽気に誘われて、かみさんと二人、近所にサイクリングへ。 なにせ山合ですから、アップダウンが多く、 おかげで腕に引き続き、今度はふとももが筋肉痛…。 情けないですね~。 さて、鎌倉方面行ホームの仕上げは、 対面する藤沢方面行ホームといっしょにやることにして、 もう一面のホームの作業を始め…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長谷駅鎌倉行ホーム~其の伍

午前中庭木の剪定をしたせいで、腕が痛いです。 運動不足を痛感します(汗)。 ホームの製作は、アクセサリーを一通り取り付け、 点燈工事まで終わりました。 駅名標はやっぱり気に入らないので、作り直してみます。 枠を細いものに変えてみました。 少しすっきりしたような…。 ベンチも自作します。 ホームに配置し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長谷駅鎌倉行ホーム~其の四

実は昨日のうちにホームの色塗りまで済ませました。 今日はその結果のご報告と、 少しアクセサリーをつけた状態のご紹介を。 ホームにはウッドパテをタミヤカラーのデッキタンで溶いて 塗りつけます。 適度にザラザラ感が出て、良い感じです。 上屋の柱には駅名看板を貼り付けました。 エクセルで作図した駅名標に角材の枠を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長谷駅鎌倉行ホーム~其の参

台風、私の住んでいるあたりは幸い進路から外れ、 大きな被害からは免れましたが、各地に傷跡を残したようです。 被害にあわれた皆様に、お見舞い申し上げます。 乗降場を作っていきます。 まず側壁から。 工作用紙にプラ帯材を貼り付けて石積みを表現して、 プラ角材で縦の石柱を。 角材でホーム端の階段も作ります。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

長谷駅鎌倉行きホーム~其の弐

今晩から明日にかけては、関東地方でも台風の影響が出そうです。 大きな被害が出ないことを祈ります。 今日の工事は屋根葺きです。 ホームの屋根は裏側も見えてしまうので、 裏に糊の付いたグリーンマックスのコルゲート板ではなく、 エコーモデルの波板を使います。 本当はHOスケールなのですが、Nで使ってもあまり違和感はあり…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

長谷駅鎌倉行ホーム~其の壱

台風が近づいていますね。 今年は接近・上陸する台風が少なくて気を抜いていましたが、 今回のは大型で強い勢力を持っているそうですから、警戒が必要です。 予想進路に当たっている地方では、十分お気を付けください。 駅本屋が落成しましたので、続けてホームの工事に移ります。 そうそう、まずは以前記載した情報の訂正なのですが、 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

長谷駅本屋~落成

長谷駅の駅舎が完成しました。 本セクションの目玉、というか要になる建物ですので、 いつもにも増して、力を入れてみましたが、いかがでしょうか。 (力を入れてもこんなもんかい、という突っ込みは無しの方向で…) 工事日報の前に、我家の新しい同居人(動物)のご紹介です。 亀の「玄さん」です。 先週我家の庭に迷い込んできま…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more