特撮お立ち台「渓谷の攻防戦」其の参

連日暑いですねぇ。
早くも少し夏バテ気味です。

特撮お立ち台、渓谷が舞台だった筈なんですが、
やっぱり建物越しに見える怪獣のイメージが捨てきれず、
急遽左手の山は山里にすることにしました。
画像

怪獣映画といえば、村の鎮守様、
さらに火の見櫓も欠かせませんね。
画像

階段状にして、それぞれに見せ場を作ります。
道路に面して集落があり、一段高くなって豪農のお屋敷、
画像

さらに一段高くなって、鎮守サマ。
画像

鎮守様への階段はかなり急です。
スタイロに直接切り込みを入れて、階段状にし、
ウッドパテを塗って仕上げます。
画像

神社とお屋敷の間は土の崖にしたかったので、
木工ボンド貼りテイッシュ、カラージェッソ塗り、
カラーパウダー掛けで下地を作って、
画像

フォーリッジで下草を生やします。
画像

今回は習作と名を打ったこともあり、
ひとつ新しいことに挑戦してみます。
ポチッとなで、届いた大きな荷物。
画像

アスパラガスのプリザーブド、つまりドライフラワーです。
画像

それにしてもすごい量…業務用の店で頼んだおかげで、
想像以上のボリューム。果たして使い終わるのにいったい何年?
画像

ご覧のように、葉先がとても細かい。
何に使うかというと、
画像

竹林のつもり。…見えます?
画像

で、崖はこうなりました。
画像

農家のお屋敷を設置して、それらしく。
画像

神社の境内には火の見櫓が立ちました。
次は神社の勧進です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年07月17日 02:42
竹林の雰囲気良く出ております。すばらしい。
ところで、境内の火の見櫓とよく似たタワーが少し前から各個体作品の背後に写っていて気になっていました。
飛行場のタワーになるものとおもっていましたが・・・(^^)
甚六郎
2011年07月17日 15:27
小ノ電社主さん、こんにちは。

おっ♪ 左手の丘は山里になりましたね^^
火の見櫓、地球最大の決戦でも山里にゴジラが出現するシーン等消防団のおっさんが半鐘を叩きまくっていますものね。
鎮守様の鳥居もキングギドラの光線で見事に破壊されていましたし、山里は怪獣映画には欠かせないアイテムですね♪
小ノ電社主
2011年07月18日 00:12
Tsu-Morrow!さま、こんばんは。
コメントありがとうございます。

アスパラガス、竹林っぽく見えますでしょうか。だとしたら、苦労の甲斐がありました。
画像の背景にチョロチョロ映っております銀色のものは、怪獣映画に欠かせないアレになります。お楽しみに。
小ノ電社主
2011年07月18日 00:17
こんばんは、甚六郎さん。

おぉ、火の見櫓には半鐘を叩く若い衆が必要でしたね。忘れてましたよ。
山中の設定の筈が、欲を掻いて怪獣映画良いとこ取りになっちゃいました。このあと絶対欠かせないアレも出てきます。

この記事へのトラックバック