進駐軍輸送団8500型~其の弐

DD12の動力、キットメーカーの指定では、
KATOチビロコのモーターと、GM製旧国台車から
改造するように指定されています。
はっきり言って、私には無理っぽい…。
で、ポチッとな。
画像

アメリカからわずか3日で届きました。
さすがDHL。
画像

BACHMANNのGE44t switcher。
画像

DD12とよく似てますねぇ。
画像

それもそのはず、DD12とGE4tは兄弟みたいなもんなんです。
DD12はもともと米陸軍輸送隊軍番号8500。
日本の敗戦後、米軍が軍事物資の輸送用に持ち込みました。
画像

標準軌にあわせ、さらに低キャブなので、
少しイメージが違いますが、もともとの血統は一緒。
画像

縮尺が、1/160と1/150なので、微妙にGEの方が、
小さいです。
画像

ということは、動力がそのまま使えるんじゃないかと…
画像

この大きさでDCCデコーダ付です。
運転に関する技術革新は、
欧米のほうが進んでいるようですね。
画像

でも基板はとっちゃいます。だって入らないんだもん…。
ほかにも引っ掛かるところはリューターで削って。
画像

おぉおっ!入った~!!
さすが肉親間の内臓移植は成功率が高いっ!
(なんのこっちゃ…)
画像

さすがに台車の形が違いすぎるので、
こればかりは何とかしなくてはいけないですかねぇ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

甚六郎
2011年05月30日 03:53
小ノ電社主さん、おはようございます。

おぉ~ ポチッとな、で外国から動力車をですね♪
画像を拝見しますと、兄弟車種ということで、良く似ていますねぇ~
肉親間の内臓移植も無事終了^^、良かった良かった♪でございまする。
小ノ電社主
2011年06月01日 00:03
甚六郎さん、こんばんは。

輸入機は国産でキットが出ていなくても、外国の製品が流用できたりすることがあります。ロッド付きのECとか、明治期の蒸気とか。いろいろ比べてみるのも面白いです。

この記事へのトラックバック