小ノ島釜倉観光電鉄

アクセスカウンタ

zoom RSS 特撮お立ち台「渓谷の攻防戦」其の弐

<<   作成日時 : 2011/07/10 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

これも途中で投げ出すか、と、
危ぶまれておりますレイアウト習作用ダイオラマ、
今のところはなんとか続いております。
脳内麻薬を出しまくってくれる、
東宝特撮コレクションのおかげでしょうか。
画像

河原の作り込みを続けます。
画像

バラストを撒いただけだと、石粒の大きさが均一すぎて、
渓谷っぽく見えません。
画像

庭から砂利を拾ってきて、
画像

変化を付けていきます。
ちなみに土手にもフォーリッジを貼り付けて、
つる草の伸びた夏のかわらのイメージで。
画像

川の水をどうするか、まだ考えていないので、
河原は一旦ここまでにしておきます。
画像

で、右手の饅頭山。
ガシガシ削って、大体の形を整えたら、
画像

薄めた木工ボンド液でヒタヒタにしたテイッシュを
貼り付けて、色を塗ります。
画像

ここのところは崖崩れにしましょう。
画像

拾ってきた砂利を中心に、パウダーやら、
本物の土やら、色々使ってます。
画像

遠目だとよくわからない?
画像

アップならどうだ。崖崩れに見えますか?
画像

さっそく、遊んでみる。
とか言ってる内に、これが、
画像

こうなる。
画像

すいません。間を思い切りはしょりました。
画像

言葉で言うと、カラーパウダー撒いて、
フォーリッジとフォーリッジクラスターで下草を生やして、
ファインリーフフォーリッジの木を植えた、と。
全てWOODLAND SCENICS、インポーテッド関水金属。
画像

さらに、崖崩れはこうなりました。
画像

またモゲラで遊ぶ。
こんなことしてるから、なかなか進まないんだな。
画像

さぁ、左手の丘はどうしましょうかねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
小ノ電社主さん、こんばんは。

渓谷の感じ、崖崩れと、とても素晴らしいです♪
モゲラが崖を切り崩しながら出現したシーンを彷彿させて頂きました^^
左手の丘、神社が建立されそうですが、次回更新を楽しみに致しておりまする
甚六郎
2011/07/16 18:43
こんばんは、甚六郎さん。

普段のレイアウト製作では、おそらく今後とも作らないであろうシチュエーションに取り組めて、なかなか新鮮です。今から考えると、鉄橋を取り込めなかったことが残念です。モゲラの爆破シーンを再現したかったなぁ。
小ノ電社主
2011/07/17 01:08
小ノ電社主さん、こんにちは。

おぉ〜 モゲラと共に爆破される鉄橋ですね♪
あのシーンでは実射の火炎放射器と特撮の火炎が(やや大きいものの)上手く合成されていましたね。
それにラドンの炭坑内でも活躍していた重(軽??)機関銃の実射シーンが迫力ありましたよね♪
甚六郎
2011/07/17 15:06
甚六郎さん、こんばんは。

ゴジラやモスラと言った大怪獣に比べて、モゲラやガイラは小振りな様で、ジオラマとの相性が良いようです。「地球防衛軍」でも、火炎放射のシーンもそうですが、ありそうなパースで、リアリティがありましたものね。一方でマーカライト・ジャイロの馬鹿でかさと、思い切ったデザインには脱力物でしたが。
ラドンもそうですが、自衛隊が協力出演しているシーンは、貴重な映像です。やられ役とわかっていても協力するところが、潔いと言うか、なんというか…。でも、やはり本物は迫力が違いますよね。
小ノ電社主
2011/07/18 00:32

コメントする help

ニックネーム
本 文

電子飛脚

特撮お立ち台「渓谷の攻防戦」其の弐 小ノ島釜倉観光電鉄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる