小ノ島釜倉観光電鉄

アクセスカウンタ

zoom RSS デ・ハビラントDHC-2昭和号

<<   作成日時 : 2011/01/15 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

まだクリア・スブレーを吹き付けていないので、
厳密にいえば完成ではないのですが、
取り敢えず機体の工作は終わりました。
画像

南極観測船「宗谷」搭載、デ・ハビラント・ビーバー、
昭和号です。

翼端の朱を塗っていきます。
画像

当時のカラー写真を見ると、
朱色の部分がもう少し明るく見えます。
画像

今回はモンザレッドを使ったのですが、
もっと朱色に近い色の方が良かったも知れません。
今回の資料はこちら。
画像

モデルグラフィックス2007年3月号。
ハセガワ1/350の「宗谷」の特集なんですが、
ホビークラフトの1/72DHC-2の製作記も載っています。
画像

後付の小部品も作っていきます。
これは真鍮パイプで造った排気管。
画像

真鍮線でフロートの張り線や、
アンテナなども取り付けます。
画像

キット付属のデカールの、窓やドアを貼り、
汎用デカールや、他のキットのあまりもので
日の丸やラインを入れます。
画像

フロート下面を写したカラー写真は見つかりませんでした。
白黒写真からすると黒色のような気もするのですが、
ここは敢えて朱色に。
画像

機体番号など、デカールを自作したら、
仕上げに掛かります。
画像

シンプルな塗装ですが、目立ちますね。
画像

もう少し表面の仕上げを丁寧にやればよかったなぁ。
画像

特徴的な尾翼のマークも、ご覧の通り再現しました。
画像

仕上がったら、S-58と並べて記念撮影したいですね。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
既に軍オタのブログと変わりないですよね。鉄道模型のブログ登録はおやめになるべきです。そうじゃないなら、他で飛行機とかやるべきです。主旨違いはおかしいです。
鉄道模型のブログではない
2011/01/16 16:43
小ノ電社主さん、こんばんは^^

おぉ〜 「昭和号」の機体工作完了ですね♪
白地の機体に赤(モンザレッド)の配色が映えますですねぇ〜^^
胴体の日ノ丸も目立って素敵です。
私のレイアウトの航空公園? にも展示してみたいですねぇ〜
甚六郎
2011/01/16 22:49
あらら… 何故か調子が悪くてコメントを受け付けてくれず、何度か試している内に四回も同じ書き込みが書き込まれてしまいました。
誠に申し訳ございませんです^^; 出来ますれば小ノ電社主さんの方で余計な分を消去して下さいませ。
よろしくお願い致します m(__)m
甚六郎
2011/01/16 23:13
「鉄道模型のブログではない」さま、貴重なご意見ありがとうございます。確かに最近は鉄道模型に関する記事がありませんでした。
しかし、当方としてはNゲージサイズの航空機の製作を、レイアウトに設置する最終的な目標を持って行っております。これ以上の議論は望みませんが、人それぞれの方向性があることをご理解ください。
小ノ電社主
2011/01/17 00:36
甚六郎さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
あらあら、怒りに燃えて連打しすぎましたかな? 書き込みの方は整理させていただきました。ご安心ください。

日本の歴史的機体の一つ、完成しましたです。飛行場に配置しようかと思いましたが、考えてみると水上機ですから、普通に駐機しているはずは無いですよね。
やっぱり博物館か、航空公園行きかな?
小ノ電社主
2011/01/17 00:43
小ノ電社主さん、おはようございます。

ははは…^^ 些か手に力が入り過ぎた様です、お手数をお掛けして申し訳ございませんでした。

先述の映画では、水上に着水後、フロートに備え付けられた車輪が出され陸上で旅客を降ろしておりましたが、流石に「昭和号」のフロートには備え付けられていなかったでしょうねぇ〜?!
甚六郎
2011/01/17 07:22

コメントする help

ニックネーム
本 文

電子飛脚

デ・ハビラントDHC-2昭和号 小ノ島釜倉観光電鉄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる