小ノ島釜倉観光電鉄

アクセスカウンタ

zoom RSS ガレージキットのビーチクラフト機

<<   作成日時 : 2011/01/03 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

暮れの31日、大晦日だというのに海外から荷物が届きました。
アメリカのガレージキットディラーに頼んでいた、小型機のキットです。
年の初めの験し(ここは敢えてこの字です)とて、取り組んで見ます。
画像


届いた状態はこんな感じ。
画像

危ない臭い、プンプンです。
画像

バリはまだ良いとして、
画像

細かい気泡は入りまくり〜の、樹脂はいきわってないの…
画像

部品は最中の皮状態だの。
ガレージキットを相手にするときには、
ここでメゲてはいけません。
艱難辛苦を乗り越えてこそ…
画像

まずはプラパテと瞬間接着剤を動員して、
穴だの、気泡だの、ヒケだのを埋めていきます。
画像

もはや部品の形を成していない主脚は、ほぼ自作。
画像

アンテナ支柱とかもつけます。
画像

主翼ぐらいは、筋彫りをしておきましょう。
画像

そうしましたら、サフ噴き。
画像

乾燥するのに時間が掛かるので、今日はここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小ノ電社主さん、こんばんは。

今回はビーチクラフト機ですか♪
この機体その物かどうか、今一はっきりとしないのですが、何かの戦争映画(日本物です)で、これとよく似た感じの機が米軍機を演じていたのを見た気がするのです。
何の映画だったか・・・ 思い出せなくてスッキリとしませんです^^;
甚六郎
2011/01/04 21:03
こんばんは、甚六郎さん。

はい。いよいよガレージキットにまで手を伸ばしてしまいました。とにかく手は掛かります。セミ・スクラッチとでも言いましょうか。
ビーチクラフト機は国内でも官民問わず多数使用された機体ですので、邦画へも出演している可能性は高いと思います。実際に米軍の連絡機としても使用されていましたし。
小ノ電社主
2011/01/09 00:26

コメントする help

ニックネーム
本 文

電子飛脚

ガレージキットのビーチクラフト機 小ノ島釜倉観光電鉄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる