小ノ島釜倉観光電鉄

アクセスカウンタ

zoom RSS ひとりヘリボーンコレクション

<<   作成日時 : 2010/12/18 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

やる気が出るまでの、手遊び作業のはずが、
どんどんディープな深みに填まっていきます。
ヘリばかり、次々手を付けて、
ひとりヘリボーンコレクション状態です。
いつになったら、真っ当な道に戻れるのでしょうか…。
画像


今回組み立てるのは、同じHSS-1でもキットが違います。
画像

FE-resinというメーカーのH-34、'CHOCTAW'。
この時代のヘリの名称はややこしくて、
メーカーの型式名はS-58なんですが、海軍ではHSS-1。
ところが空軍ではH-34をあてていて、
最終的に三軍正式名称はこれになりました。
画像

FE-resinもMINIWINGと同じくチェコのメーカー。
試しに両社のキットを並べてみます。
画像

ありゃ?ほとんど同じ? ってより、ほぼおんなじ。
どういうことでしょうねぇ…。
それにしても、アジの開きみたいですね〜。
画像

気を取り直して、組み始めます。
機体が形になったら、今回は下地を白にします。
下地が十分乾燥するまで放置しますから、
ここから先はまた後日。

空いた時間で
手持ちのヘリボーンコレクションを引っ張り出していたら、
4弾のKV−107に目が止まりました。
なんか、今一だなぁ…、と。
そうだ。導入時、昭和40年代の姿にしてしまおう。
画像

ついでですから、いろいろ精密化します。
画像

塗装はオリーブドラブ1色。
写真を見るとテカって見えるので、光沢塗装なのかなぁ。
画像

元の造形は悪くないので、ちょっと手を加えただけで
見違えるように…。
画像

あとは細々、仕上げていきます。
といいつつ、こちらも仕上がらないうちに、こんなものも。
画像

ますます混迷は深まるばかり…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しております小ノ電社主さん。

暫くはレイアウトとは距離を離れているようですね・・・。
決して私も嫌いな分野ではないので楽しく拝見させて頂いています。
やる気が出るまでとの事でしょうか、それでもヘリコプター立て続けに精力的に作っている小ノ電社主さんの凄いところです。

私もやろうという気を何とか持ち続けようと努力をしていますが、いろんな方面に手を出していて集中出来ないようで、気持ちは既に来年からと再開しようと思います。
それにしても一年間は早いですね・・こんなペースでやっているとゾッとしますが、趣味はゆっくり楽しむ事も大切かと自分に言い聞かせて誤魔化しています。



ウテ
2010/12/19 08:37
小ノ電社主さん、こんばんは。

オォ〜 続々とヘリコプターの増備が♪
これはもうヘリの基地が完全に必要ですねっ^^♪
甚六郎
2010/12/19 23:02
こんばんは、ウテさん。
お久しぶりです。

決してレイアウト作りに飽きたわけではないのですが、こちらはこちらで、一旦作り始めると止まらなくなる性分で…。ある程度のところで、並行作業に移るとは思いますが。

それにしても1年は早いですね〜。模型の方がろくに形にならないうちに、どんどん月日だけは過ぎていきます。確かに、ちょっぴり焦りもあるんですが、まぁ、ウテさんもおっしゃるように、のんびりやるのが趣味なのかなとも思います。
お互いに、ボチボチと、がんばりまっしょい!
小ノ電社主
2010/12/20 00:20
甚六郎さん、こんばんは。

ヘリって、ローターの分だけ、場所をとるんですよね…。艦載機ではないですが、ローターを取り外し式にしとけばいいんでしょうけれど。ヘリ基地か…う〜ん、本当に作り出しそうで、それはそれで怖いでする〜。
小ノ電社主
2010/12/20 00:24

コメントする help

ニックネーム
本 文

電子飛脚

ひとりヘリボーンコレクション 小ノ島釜倉観光電鉄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる