小ノ島釜倉観光電鉄

アクセスカウンタ

zoom RSS 特車供与

<<   作成日時 : 2010/11/13 23:59   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

我ながら呆れることに、
この手の作業は手が早いです。
我が卓上自衛隊に特車2輌が供与されました。
画像


台所のジョイ洗剤で洗って、一夜干ししたものに、
サーフェイサーを吹きます。
画像

同時にキズやバリの取り残しがないことを確認します。
画像


ここからの作業は一気に進めたので、
途中経過がありません。
画像

M24軽戦車「チャフィー」
画像

1952年から、自衛隊の前身である警察予備隊、
後に保安隊に対してアメリカから供与されました。
朝鮮戦争ではソ連のT34/85戦車にコテンパンにされ、
さらに日本ではゴジラやラドンにメタメタにやられてしまった、
不幸な戦車です。
でもキャデラック製です。トランスミッションもオートマティックです。
一家に一台欲しいですね。

画像

M52A1 105ミリ自走榴弾砲
画像

M24の後継として開発され、その後日本にも供与された
M41軽戦車の車体をベースとして、105ミリ榴弾砲を載せたもの。
自衛隊には30輌が供与されました。
自衛隊の自走砲運用はこのM24と、
ほぼ同時に供与された155ミリ砲搭載のM44から始まりました。

ということで、2輌揃って防衛出動シーン。
画像

サイズ的、色的に、昆虫のようですねぇ…。
アンテナが触角っぽい。
画像

さぁこれで、本業に戻れる…かな?!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小ノ電社主さん、こんばんは。

特車2輌、完成ですね♪ 祝!! でありますっ。。。

ジオラマ上でトラックや人間と比べますと、随分とコンパクトな戦車だったのですねぇ〜
M24軽戦車は確かにラドンやモスラに全く歯が立ちませんでした^^;し、地球防衛軍でも泥の渦に巻き込まれていた?様に記憶しています。
が、映画ではM52A1自走榴弾砲の方は模型化されていない(多分?)のは何故でしょうかねぇ〜
甚六郎
2010/11/15 18:41
こんばんは、甚六郎さん。

そうですね。M24は当時の主力戦車と比べても、随分小型だったようです。まぁ、当時の日本の道路事情には、マッチしていたのでしょうね。重戦車でも走ろうものなら、舗装は剥がれる、亀裂は走る、あげくは橋が落ちたんではないかと。まぁ、小さく軽いせいもあって、弱かったんですけれど。
自走榴弾砲は地味ですからね〜。そういう意味では次回取り上げるロケット砲のほうが、映像的に派手だったからではないかと。
小ノ電社主
2010/11/18 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文

電子飛脚

特車供与 小ノ島釜倉観光電鉄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる