小ノ島釜倉観光電鉄

アクセスカウンタ

zoom RSS 海上自衛隊魚雷艇七号

<<   作成日時 : 2010/05/08 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

えっと、鉄道模型レイアウト製作ブログだったはずなんですが。
以前から、製作に行き詰ったり、意欲が萎えたり、
単に一時的に飽きたりすると、別の工作をしていました。
ただ、哀しいサガで、縮尺150分の1近所からは離れなれないようで。
作るのはミリタリーものだったり、旅客機だったり。

とくにここのところ暑かったもので、水物が恋しくなりました。
で、唐突に作り始めたのが魚雷艇、「PT830」。
画像

大昔のプラモです。
プラモといっても、模型屋で売っているものというより、
昔学校の近くに必ず一軒はあった、文房具屋や駄菓子屋で
数十円から百数十円で売っていた代物。
画像

輪ゴム動力でスクリューを回して走るという、
遊べるプラモです…が、輪ゴムは完全に死んでいて、
船体に貼り付いています。
画像

部品数もたったコレだけ。
画像

素組みならば、5分と掛からないシロモノです。
組立を楽しむというより、水辺で走らせて遊ぶのが本当なのでしょう。
画像

箱絵とぜんぜん違いますね。
そもそもPT830なんて、どこのフネなんでしょう。
画像

実はコレ、わが海上自衛隊が昭和29年に建造した
魚雷艇7号をモデルにしたものなんです。
それも駄菓子屋プラモにしておくのは惜しいほど、
かなり本物に忠実に作られています。
ここまでくると、模型の虫が騒ぎます。
画像

色を塗って、ステンレス線で
手すりとマストを付けただけでもこのとおり。
画像

機関砲はキットのものではさすがにどうにもならなかったので、
ちょっと昔に、食玩のおまけで付いてきたものに換装。
「男たちの大和」が公開された時のやつだっけかな?
画像

邪道ですが、どんどん精密化していきます。
1/350艦船模型用の探照灯パーツ。すっごい精密感。
画像

さらにプラ棒で自作したボラードやキャブスタン、
鉄道模型の床下パーツを流用した膨張式救命筏などを取付。
画像

艇番号のデカールは、自作しないといけませんね。
画像

う〜ん…。
手すさびの工作にしてはリキが入りすぎて、
このままでは勿体なくなってきたぞ…。
鎌倉駅から横須賀線でしばらく走ると横須賀の港。
江ノ電沿線のレイアウトがひときりついたら、
今度は軍港をかすめるスカ線モジュールを…などと
思わず野望だけは広がります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小ノ電社主さん、おはようございます。

おっ、駄菓子屋プラモデルの魚雷艇ですか〜♪
で、これが海上自衛隊の魚雷艇7号をかなり忠実にモデル化しているとは驚きです。
しかし、小ノ電社主さんの手によって、塗装、細密化されますと、とても駄菓子屋プラモとは思えない本格的モデルに変身してしまいましたですねぇ〜
良いですねぇ〜 カッコイイですねぇ〜♪

軍港をかすめるスカ線のモジュールの野望、是非実現して下さいませ ^^v
甚六郎
2010/05/10 06:16
こんばんは、甚六郎さん。

昔は駄菓子屋だの、文房具屋に、子供がお小遣いで気軽に買えるプラモがおいてありましたよね。あと、くじでプラモが当たるやつとか。最近のプラモ(というより、キット?)とは比べ物にならないほど、モールドも甘く、造形もめちゃくちゃだったりするのですが、それはそれで、味があるんですよね〜。それにもともとミニサイズですから、1/150スケールに妙にマッチングしたり。また、これ以外には模型化されていないような、渋いセレクトと相まって、なかなか馬鹿に出来ないものがあります。
小ノ電社主
2010/05/12 23:56

コメントする help

ニックネーム
本 文

電子飛脚

海上自衛隊魚雷艇七号 小ノ島釜倉観光電鉄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる